ロザンナ・カルテリ、モーリス・デュルフレ、ジョルジュ・プレートル/プーランク・グローリア/オルガン、弦楽とティンパニのための協奏曲ト短調(英 Columbia SAX2445)


プレートルの演奏は鑑賞後に強さを印象に残す。もちろん、流麗だったり、滑らかだったり、爽やかだったり、きらびやかだったり、曲が必要とする属性は全て表現した上で、さらにプレートルの強さと云う属性を最大限に上乗せしている。永遠のディーヴァ、マリア・カラスから絶大な信頼を得ていたことでも知られているプレートルがマリア・カラスと入れた カルメン や トスカ から得たレコードを最大限に活かすノウハウが本盤でも如何なく発揮されている。

世俗的で、中世的で枠にはまらない、とても親しみやすく、奇妙に幸福感を共有させられる。

フランシス・プーランクのグローリア(作品 FP177 )は、ボストンのセルゲイ・クーセヴィツキ財団の委嘱作品として1959年に作曲された。初演は61年1月20日にアデーレ・アディソンのソプラノ独唱、シャルル・ミュンシュ指揮ボストン交響楽団によって行われています。パリ初演は翌年2月14日。ロザンナ・カルテリのソプラノ独唱、ジョルジュ・プレートル指揮フランス国立方法管弦楽団。このレコードは、その折に発売された初版盤です。

宗教曲のスタイルで作曲された「グローリア」は、ヴィヴァルディの《グローリア》を手本しているが、第二次世界大戦への鎮魂曲だとは思えない。第2曲の《ラウダムス・テ》の陽気さに対しては信仰深い人々から非難された。その非難を受けて「どうしてこうなったのだろう? 作曲している間、私はゴッツォーリの天使たちが舌を出しているフレスコ画と、ある日、目にした真面目なベネディクト会修道士たちのサッカーの試合を頭に思い浮かべただけなのに …」とプーランクは自問の形で言葉を残している。《黒い聖母への連祷》(1936年)や《無伴奏混声合唱のためのミサ曲》(1937年)と同類だろう。

Columbia SAX 2445 – Rosanna Carteri, Maurice Dureflé, Georges Prêtre, French National Radio and Television Orchestra – Poulenc – Gloria, Organ Concerto
作曲家フランシス・プーランク
ソプラノ歌唱ロザンナ・カルテリ
オルガン演奏モーリス・デュルフレ
指揮者ジョルジュ・プレートル
オーケストラ/楽団フランス国立放送管弦楽団
録音種別ステレオ録音
ジャケット状態EX
レコード状態M-
レコード製盤国イギリス盤
販売価格¥12,000

BLUE&SILVER, STEREO 1枚組(150g), Release 1962。
さらに詳しくCheck!

GB COL SAX2445 プレートル プーランク・グローリア

GB COL SAX2445 プレートル プーランク・グローリア